ブログ

カテゴリ: 液体窒素

液体窒素後の注意点

液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどする)ことにより、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させ、新たな皮膚の再生を促す治療法です。 … 続きを読む

液体窒素によるいぼ治療

液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどさせる)ことにより、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させ、新たな皮膚の再生を促す治療法です … 続きを読む

液体窒素によるイボ治療後の注意点

イボを液体窒素で治療後したあとに、大きな水ぶくれ、血豆(ちまめ)、内出血、痛みが生じることがあります。 マイナス200度近くの液体窒素により、低温やけどをさせるために起こしてしまう症状です。皮膚の新陳代謝とともに水ぶくれ … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter