ブログ

ステロイドの塗り薬は塗り続けると、皮膚の色が黒くなりますか。

ステロイドには皮膚の色素ができるのを抑える働きがあるので、皮膚の色は白くなることはあっても、ステロイドの副作用で皮膚が黒くなることはありません。
逆にステロイド塗り薬で十分な治療ができず、湿疹が抑えられていない時には、炎症によって色素沈着で黒くなることがあります。
よって、「ステロイドで皮膚が黒くなるのでは?」と思われるのは、アトピー性皮膚炎の治療が不十分であったために、皮膚の炎症が治りきらずに残った色素沈着をみて、ステロイドのせいで色素沈着したと勘違いしたためと思われます。

 

新宿 皮膚科|新宿駅前クリニック : http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com

カテゴリ:ステロイド, 皮膚科 and tagged

企業の医療担当者様へ

twitter