アトピーの原因

アトピーの正確な原因はいまだに特定されてはいませんが、体質と環境の二つの要素が大きく関係していると考えられています。

体質

  • アトピー素因

    アレルギーを起こしやすい体質が家族や自分にあればアトピー素因があるといいます。人の体には体の中に入った特定の異物を除く、免疫という仕組みがあります。これは異物(抗原:アレルゲン)に対して反応する抗体を作って、アレルギー反応とは、特定の物質に対して、過剰に免疫反応を起こしてしまう反応です。アレルギーを起こす特定の原因物質はアレルゲンと呼ばれます。抗体の一つであるIgE抗体は、特にアレルゲンに対して作られる抗体です。IgE抗体は、アレルゲンに反応するとかゆみのもとになる物質を出し、皮膚炎の症状を起こします。

  • ドライスキン(乾燥しやすい肌質)

    健康な皮膚では、皮膚の表面の角質層に十分な量の保湿成分や油分(アミノ酸やセラミドなど)を持っていて皮膚のバリアがあり、体内の水分が蒸発するのを防いだり、外からさまざまな物質が侵入するのを防いでいます。
    一方、アトピーの方の肌は、保湿成分やセラミドが少なく、乾燥肌(ドライスキン)の状態になっています。バリア機能が弱くなっているので、アレルギーの原因となる異物(アレルゲン)が侵入しやすくなります。アトピーの方が化粧品、金属などにかぶれやすいのも、このためです。少しの刺激でかゆみが出るので、そこを掻いてしまい、掻くことでバリア機能がさらに破壊されてしまい、刺激物がますます侵入しやすくなり、かゆみがさらにひどくなる、という悪循環に陥りやすくなります。

環境

  • アレルギー関係

    2歳までの場合、アレルギー的因子(アレルゲン)として代表的なものは、食物とダニです。成人になれば食物の影響はほとんどなくなり、ダニ、ハウスダスト、カビなどの影響が大きくなります。
    自分がどんなものに対してアレルギーを持っているかは、血液検査で調べることができます。

  • ストレス

    仕事での悩み、家庭や職場などでの人間関係などのストレスに、突然アトピーの症状が悪化します。また、アトピー性皮膚炎であること自体が精神的なストレスになり、アトピーを悪化させることもあります。

ページのトップに戻る