ブログ

性病の種類について

性病にはさまざまな種類があります。主なものを紹介しましょう。

一つは性器クラミジア感染症です。世界でも最も多い性病であり、男性は尿道に感染し排尿時に痛みを感じる、膿が出るといった症状を起こします。しかし、半分の方は症状が見られないといわれています。女性はおりものの量が増える、軽い下腹部痛がある、不正出血が起こるといった症状が見られることがありますが、ほとんどの場合無症状といわれています。

淋病は一度性行為をすれば、30%の確率で感染するといわれている性病です。男性の場合は尿道のかゆみ、不快感、激しい排尿痛が起こり、女性はおりものの量が増える、不正出血が起こる、下腹部痛があるなどといった症状が起こります。

性器ヘルペスウイルス感染症という性病もあります。陰部やお尻に水ぶくれができ、破れると激しい痛みがあります。体力が低下すると再発することが多いです。

尖圭コンジローマは性器や肛門の周りに小さないぼができるのが特徴です。かゆみや痛みなどは感じないことが多いです。

性病は症状がほとんどないものも多く、気がついたときには治療が大変になってしまったり、体調が悪くなってしまったりすることがあります。そのため、性病の種類や特徴を知り、適切な治療を行うことが大事です。新宿で泌尿器科をお探しの場合は当医院までお越しください。

 

新宿 皮膚科|新宿駅前クリニック : http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com

カテゴリ:クラミジア, 尖形コンジローム, 性器ヘルペス, 淋病 and tagged

企業の医療担当者様へ

twitter