ブログ

性病検査ってどうやるの?

性病検査では主に血液や尿、おりもの、膣分泌液、のどの粘膜などを調べます。検査の方法としては病院で検査をする、保健所に行く、検査キットを使用するといった方法があります。

血液検査では少量の血液を調べ、成分を検査します。HIV、クラミジア、梅毒、性器ヘルペスなどの判別が可能です。尿検査は主に男性に行います。クラミジアや淋病が判別できます。女性の性病においてはおりものの検査が行われます。膣内に綿棒のようなものを入れ、内側の粘膜をこすり膣分泌物を採取します。クラミジアや淋病、トリコモナス、膣炎、ガンジダが判別できます。

のどに感染しているかどうかを調べるため、のど粘膜の検査も行われることがあります。綿棒のような器具を使い、のどを軽くこすって採取します。この方法では、クラミジアや淋病が判別できます。

保健所では無料・匿名で検査を受けることができるのですが、基本的にはHIV検査が中心です。検査キットはインターネットなどで購入することができ、血液や粘膜などを採取し郵送する方法です。自覚症状がある場合は病院で検査をするほうがすぐに治療も受けられるので安心です。しかし、すべての病院で性病検査が行われているわけではないので、確認をしてから行くようにしましょう。新宿で性病検査を希望する場合は当医院の泌尿器科にお越しください。

 

新宿 皮膚科|新宿駅前クリニック : http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com

カテゴリ:性感染症検査 and tagged

企業の医療担当者様へ

twitter