ブログ

尿道炎の症状と治療法

主に淋病やクラミジアなどに感染することで起こる尿道炎。症状や特徴を知っておきましょう。

淋菌の感染で起こる淋菌性尿道炎は約2~7日間潜伏し、発症します。白色や黄色の膿が出る、排尿痛や尿道の腫れ、赤みなどの症状が強く出ます。かゆみや排尿痛もあります。一方、クラミジアなど淋菌以外の感染による非淋菌性尿道炎は、約1~3週間と潜伏期間が長く、自覚症状がほとんどありません。そのため、感染していることに気づかず、他者に感染を広げてしまうというリスクがあります。

淋菌性尿道炎の場合、抗菌薬を処方することが多いです。しかし、最近では耐性菌が増えたことで成果が現れないこともあり、その場合は薬を変えて様子を見ます。クラミジア性尿道炎の場合も抗菌剤を使って治療が行われます。

尿道炎は性行為で感染するものです。自分が感染すればパートナーも感染するリスクが高いです。感染した場合は治療を受けることが大事です。症状が治まったと自己判断し、治療を途中でやめてしまうと、再発してしまうことがあります。しっかり完治させることをおすすめします。

新宿で泌尿器科をお探しの方は当医院までお越しください。適切な治療で、しっかり完治させるようにしましょう。

 

新宿 皮膚科|新宿駅前クリニック : http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com

カテゴリ:尿道炎 and tagged

企業の医療担当者様へ

twitter