ブログ

「爪水虫 皮膚科」タグアーカイブ

軽い爪水虫であれば、皮膚科で処方された塗り薬(液体タイプ)で治療しても治りますか。

爪水虫の治療には塗り薬と飲み薬の二つの方法があります。
通常、塗り薬はルリコンやゼフナートなどの液体タイプのものを使用しますが、爪の水虫に対しては進行をくい止める程度の効果しかないことが多いです。爪水虫がひどい場合は、塗 … 続きを読む

皮膚科で処方された液体タイプの塗り薬は、爪水虫には効果があるのですか。

皮膚科で処方されたルリコン液やゼフナート液などの爪水虫の薬は、爪水虫の進行を抑えたり、少しずつ改善させたりすることはありますが、爪水虫がひどい場合は、浸透力が限られてしまうため、完治することはなかなか難しいかもしれません … 続きを読む

爪水虫の注意点

爪が変色していたり、厚くなっていると爪水虫ではないかと思ってしまいますが、実際は爪水虫ではなくても、同じような症状がでることもあります。
顕微鏡検査、培養検査で白癬菌がいるかどうか確認することが重要です。

爪水虫の日常生活の注意点

カビの一種である白癬菌は、高温多湿のジメジメとした状態を好みます。
爪白癬の予防においては、白癬菌の繁殖を抑え、周囲の人間にうつさないように白癬菌の好む状況を生活環境から取り除くことが大切です。
具体的には、以下のような … 続きを読む

爪水虫の治療法

爪白癬の治療は、薬物療法が中心になります。
薬物療法には、飲み薬が治療の中心として用いられます
飲み薬
飲み薬が爪白癬の治療の中心になります。
外側からでは成分が届かない爪の中の白癬菌も、飲み薬ならば体の中から直接成分が … 続きを読む

爪水虫の検査

爪白癬の検査は、水虫と同じく顕微鏡により行います。
爪白癬と思われる部分の一部を採取し、顕微鏡で白癬菌の有無を調べます。
白癬菌が確認されると、爪白癬であると診断されます。

爪水虫の症状

爪白癬は水虫の一種ですが、自覚症状が少なくかゆみも出ることはありません。
主に以下のような爪の変化がおこります。
爪が変形する
爪がボロボロ欠ける
爪が白色や黄色に濁る
爪が厚くなる
ひどくなると、細菌が感染して痛みを感 … 続きを読む

爪水虫の原因

爪白癬の原因は、白癬菌というカビで足水虫と同じ菌です。
爪白癬のほとんどは、白癬菌が爪の中に侵入し、爪の下部である爪甲下(そうこうか)をすみかとするものです。
爪の表面は硬くできているため、白癬菌も侵入しづらいのですが、 … 続きを読む

爪水虫とは

爪にできる水虫で、白癬菌(はくせんきん)というカビが爪の中に感染して、爪の厚くなったり変形する病気です。
爪白癬は、足の親指の爪にできることが多いです。
爪白癬は多くの場合、足白癬に続いて起こりますが、気づかないで放置し … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter