ブログ

カテゴリ: 急性胃腸炎

腸管出血性大腸菌の症状

腸管出血性大腸菌の症状 腸管出血性大腸菌による胃腸炎は、症状を感じない無症候性の状態から嘔吐、発熱、胃の痛み、腹痛、下痢など様々です。 症状がひどい場合は、繰り返す水様便、さらに著しい血便とともに重い合併症を起こすことも … 続きを読む

腸管出血性大腸菌 

腸管出血性大腸菌とは 大腸菌は、家畜や人の体内の腸内にも存在します。ほとんどのものは人体に害はありません。このうちいくつかのものは、人に下痢などの胃腸炎症状や合併症を起こすことがあり、病原性大腸菌と呼ばれています。病原大 … 続きを読む

新宿駅前クリニック内科 胃腸炎治療

胃腸炎治療 ウイルス性もしくは細菌性の胃腸炎が最も頻度が多く疑われます。 ビオフェルミンとフェロべりンで対処療法が中心になります。 下痢が少しでもある方には、フェロベリン3T3× 下痢ひどい方には、フェロベリン6T3×が … 続きを読む

急性胃腸炎の予後

通常は2~3日以内でピークを迎え、徐々に改善していきます。

急性胃腸炎の日常生活の注意点

急性胃腸炎の日常生活の注意点 食べ物は生焼き、古い食べ物には気をつけましょう。 自分の手についたウイルスや細菌が原因となることが多いので、手洗いや、うがいはこまめにしましょう。

急性胃腸炎の注意点

脱水にならない程度に水分をこまめにとるようにしますが、胃腸は弱っているので、消化の良い食べ物(おかゆやうどん)を食べるとよいです。 食べすぎは胃腸に対して刺激になるため、下痢や腹痛をひどくすることもあるため、控えましょう … 続きを読む

急性胃腸炎の治療法

治療は薬物療法が中心になります。 薬物療法は腸内細菌を整える薬(ビオフェルミン、ラックビー)や腸の動きをゆっくりにする薬(フェロベリン、タンニン酸アルブミン)を使用します。 下痢がひどいときは、強力な下痢止め作用のある薬 … 続きを読む

急性胃腸炎の検査

症状が強い場合は、血液検査をすることもあります。

急性胃腸炎の症状

嘔吐、気持ち悪さ、胃の痛み、胃のもたれ、おなかの痛み、おなかの膨満感、下痢、頭痛、倦怠感などがみられます。 下痢がひどいと水様便という、水分しか出ない便になります。 ときに発熱して全身の関節が痛くなることもあります。

急性胃腸炎の原因

ウイルスや細菌などが胃や腸に感染することで発症します。 ウイルスの場合は冬に流行しやすいノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどがあります。 細菌性の場合は サルモレラ菌やカンピロバクターなどがあります。

企業の医療担当者様へ

twitter