ブログ

カテゴリ: ステロイド

ステロイドの塗り薬は、どうやって塗り込めばよいのですか

意外に守られていないのが、ステロイドの塗り薬の適切な使用量です。 ステロイドの塗り薬を使う際は、人差し指の先から第1関節まで(約0.5g)で、大人の手のひら2枚分に塗るのが、正しい量の目安になります。 塗り方のポイントと … 続きを読む

ステロイドの塗り薬は塗り続けると、皮膚の色が黒くなりますか。

ステロイドには皮膚の色素ができるのを抑える働きがあるので、皮膚の色は白くなることはあっても、ステロイドの副作用で皮膚が黒くなることはありません。 逆にステロイド塗り薬で十分な治療ができず、湿疹が抑えられていない時には、炎 … 続きを読む

アトピー性皮膚炎のステロイドの塗り薬は顔に副作用が出やすいと聞いたことがありますが、本当ですか

顔は皮膚が薄く、薬の吸収が良いため、長期間使用する場合は皮膚の副作用が出やすい場所です。 通常はロコイドやキンダベートなどのステロイドのランク4の塗り薬を使用します。最大でもステロイドのランク3のリドメックスくらいまでが … 続きを読む

ステロイドの塗り薬を長期間使うのが心配なのですが、どうしたらよいですか

ステロイドの塗り薬は、症状に応じて必要な時に、適切な量を使います。 ステロイドの塗り薬は、皮膚の炎症(湿疹)の状態によって薬の強さを変え、また症状が治まってきたら間をあけて使用したり、使用をやめたりします。 薬を止める、 … 続きを読む

ステロイドの塗り薬が強いものになりましが、強いステロイドの塗り薬のままで大丈夫ですか

湿疹やアトピー性皮膚炎にはステロイドの塗り薬が使用されますが、慢性的な皮膚病のため、良くなったり悪くなったりをくり返しやすく、症状に応じて薬を調節します。 症状に応じて薬を変更するのは、適切な治療を行う上で必要なことです … 続きを読む

ステロイドの分類と強さ

ステロイドといっても強さが様々です。 薬の吸収は、同じ皮膚でも場所によって違います。 特に手や足の裏は吸収が低いため、ネリゾナやアンテベートやデルモベートなどのランク4~5を、顔・陰部は吸収がとても高いので、ロコイドやキ … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter