ブログ

カテゴリ: 脂漏性角化症

液体窒素によるいぼ治療

液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどさせる)ことにより、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させ、新たな皮膚の再生を促す治療法です … 続きを読む

液体窒素によるイボ治療後の注意点

イボを液体窒素で治療後したあとに、大きな水ぶくれ、血豆(ちまめ)、内出血、痛みが生じることがあります。 マイナス200度近くの液体窒素により、低温やけどをさせるために起こしてしまう症状です。皮膚の新陳代謝とともに水ぶくれ … 続きを読む

脂漏性角化症の治療法

炎症を起こしたり、頭部でくしに引っかかりやすいなど日常生活に不便を来すもの、顔で見た目に問題のあるものなどが治療の対象になります。 液体窒素(ちっそ)を使用して、病変を凍らせてしまう凍結療法は、他の治療法と違い、麻酔の必 … 続きを読む

脂漏性角化症の診断

経過や皮膚の状態で診断します。

脂漏性角化症の症状

手や足の裏以外の全身どこにでもできますが、特に顔面、頭部、前胸部、背部によくみられます。 色は褐色調から黒色で、大きさは数mmから2~3cmくらいまでのことが多いです。 表面はざらざらしていることが多く、汚れた毛穴のよう … 続きを読む

脂漏性角化症の原因

遺伝的要因や日光による皮膚の老化が、誘因と考えられています。

脂漏性角化症とは

紫外線により皮膚の細胞が変化してできる良性の腫瘍で、早ければ30歳代から、主には40歳以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。 老人性いぼとも呼ばれています。 皮膚の老化現象のひとつで、全身どこにでも発生しま … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter