ブログ

カテゴリ: 老人性色素班

しみ(老人性色素斑)の注意点

老人性色素斑は皮膚の老化現象(光老化)の一種ですから、加齢とともに増加してしまいます。 そのため、日頃から日焼け止めクリームを使用するなどして、遮光を心がけることが重要になります。

しみ(老人性色素班)の治療法

ハイドロキノンやビタミンC(シナール)の内服などで治療法します。 ハイドロキノンとは、しみの原因となるメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の数を少なくする作用があります。 肌の漂白剤とも呼ばれていて、非常に強力な漂白作 … 続きを読む

しみ(老人性色素班)の検査

通常は特別な検査は必要ありません。

しみ(老人性色素斑)の症状

顔面、手の甲、前腕などの日光にあたる部分の皮膚に、5~20mm大の褐色から濃褐色で、円形から不整形の褐色斑が、数個ないしは十数個出現します。 数は年齢とともに増加することがあります。思春期までに紫外線を多く浴びた方は20 … 続きを読む

しみ(老人性色素班)の原因

日常的に繰り返し紫外線を長期間浴びたことにより、皮膚の表皮細胞が光老化し、色素細胞(メラニン細胞)を活性化して過剰なメラニンを作るために起こります。 現在のしみは過去に紫外線に当たった影響がでているわけです。

しみ(老人性色素班)とは

しみ(老人性色素斑)とは、多くは30歳代から40歳代以降に、顔面・手背・前腕など日光(紫外線)にあたるところにできる濃い褐色の境界明瞭なシミです。 日焼けなどを行なって長期間に渡って紫外線を浴び続けてしまうことによって起 … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter