ブログ

カテゴリ: 手のいぼ

液体窒素によるいぼ治療

液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどさせる)ことにより、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させ、新たな皮膚の再生を促す治療法です … 続きを読む

液体窒素によるイボ治療後の注意点

イボを液体窒素で治療後したあとに、大きな水ぶくれ、血豆(ちまめ)、内出血、痛みが生じることがあります。 マイナス200度近くの液体窒素により、低温やけどをさせるために起こしてしまう症状です。皮膚の新陳代謝とともに水ぶくれ … 続きを読む

手のいぼの注意点

針でほじったり、むしったりなどすると、ウィルスの感染が広がり、いぼがほかの部位にも広がる場合がありますので、いじらない方がよいです。 基本的には強く凍結させた方が効果はありますので、医師と相談しながら治療することが重要で … 続きを読む

手のいぼの予後

健康上は大きな問題はありませんが、見かけ上、気にされるため治療を希望される方は治療します。 手のいぼは外見上目立つこともあるため、治療を希望される方が多いです。 液体窒素で治療した場合は、通常は数回で治ることが多いですが … 続きを読む

手のいぼの治療法

液体窒素で凍結された綿棒を数回、いぼに当てて凍らせます。 いぼが剥がれるまで、1~2週間に一度繰り返します。 液体窒素を当てると治療後数日すると黒くなり、自然にいぼが脱落します。 その他に、ヨクイニンというハト麦の漢方薬 … 続きを読む

手のいぼの検査

経過や皮膚の状態から診断します。 検査は特にありません。

手のいぼの症状

通常は、米粒大から小豆大の大きさで、表面がドーム状に隆起します。 特に指にできやすく、多発することもあります。

手のいぼの原因

いぼのウイルスが足のうらの細かい傷などから感染することが原因で引き起こされます。 足のうらのいぼを手でいじることにより感染することもあります。 肉や魚を調理する方は手に傷ができやすく、いぼが傷口から進入していぼができやす … 続きを読む

手のいぼ

手のいぼの多くはウイルス性いぼという病気です。 専門的にはウイルス性の疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれています。

企業の医療担当者様へ

twitter