ブログ

カテゴリ: 足のいぼ

液体窒素によるいぼ治療

液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどさせる)ことにより、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させ、新たな皮膚の再生を促す治療法です … 続きを読む

液体窒素によるイボ治療後の注意点

イボを液体窒素で治療後したあとに、大きな水ぶくれ、血豆(ちまめ)、内出血、痛みが生じることがあります。 マイナス200度近くの液体窒素により、低温やけどをさせるために起こしてしまう症状です。皮膚の新陳代謝とともに水ぶくれ … 続きを読む

足のうらのいぼの注意点

針でほじったり、むしったりなどすると、ウィルスの感染が広がり、いぼがほかの部位にも広がる場合がありますので、いじらない方がよいです。 中には魚の目と見分けがつかない場合があり、皮膚科で魚の目として治療していたが治りが悪く … 続きを読む

足のうらのいぼの予後

健康上は大きな問題はありませんが、放置すると、いぼが足のうらを刺激して痛みが生じることがあります。 液体窒素で治療した場合は、通常は数回で治ることが多いですが、中にはなかなか反応が悪く、数ヶ月かかることもあります。

足のうらのいぼの原因

いぼのウイルスが足のうらの細かい傷などから感染することが原因で引き起こされます。 手にできたいぼをいじることにより足に接触感染することもあります。 足に傷があるとできやすい傾向にあります。

足のうらのいぼ

足のうらのいぼで最も多いのはウイルス性いぼという病気です。 専門的にはウイルス性の疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれています。

企業の医療担当者様へ

twitter