ブログ

カテゴリ: ピロリ菌

ピロリ菌の予後

除菌治療は胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍の再発を抑制する画期的な治療法ですが、20%前後で、うまく除菌されないこともあります。 うまくいかなかった場合は、以前からの胃潰瘍十二指腸潰瘍の薬を飲み続けるか、再除菌します … 続きを読む

ピロリ菌の治療法

ピロリ菌の除菌には、胃酸の分泌を強力に抑制するプロトンポンプ阻害薬(タケプロン、オメプラール、パリエットの中の一種類)と2種類の抗生物質(アモキシシリンとクラリス)の3種類の薬を同時に一週間内服します。 一回の除菌で、8 … 続きを読む

ピロリ菌の検査

ピロリ菌の感染しているかどうか調べるために、尿素呼気試験法が中心に行なわれています。 診断薬を服用して、服用前後の呼気を集めて診断します。 最も精度の高い診断法で、簡単に行えるため、感染診断前と除菌療法後4週以降の除菌判 … 続きを読む

ピロリ菌の原因

ピロリ菌によってアンモニア出されて、胃や十二指腸の粘膜を障害することが明らかにされています。 菌がもつ蛋白分解酵素が粘液を分解して、胃の防御機構を低下させることも関係しているといわれています。

ピロリ菌の症状

ピロリ菌の症状 ピロリ菌感染しているだけでは、ほとんど症状がありませんが、胃炎や胃潰瘍十二指腸潰瘍になると、胃もたれ、胃の痛み、胃の違和感、胃の膨満感などの症状が起こります。

ピロリ菌とは

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは、胃や十二指腸の粘膜に感染する細菌です。胃は強い酸性の胃酸があるため、細菌は通常住むことができませんが、ピロリ菌は、アンモニアを出すため、酸を中和して生息することができます。 粘膜に … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter