ブログ

カテゴリ: 胃潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の注意点

薬を内服して症状が改善したため、すぐに薬をやめてしまうと再発することがありますので、薬の内服を続けていく必要があります。 脂っこい食事や刺激のある食事はできるだけ避けるようにして、規則正しい生活することも重要です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予後

胃・十二指腸潰瘍が治癒したあと、治療を何もしない場合、1年以内に約70%が再発を起こします。 そのため、潰瘍治癒後も、プロトンポンプ阻害薬、H2ブロッカー、防御因子増強薬による維持療法と呼ばれる継続的治療が必要です。 潰 … 続きを読む

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療法

治療は薬物療法が中心になります。 薬物療法は胃酸の分泌を抑制される薬や胃の粘膜を守る薬が使われます。 胃の痛みや胃のもたれが強いときは、プロトンポンプ阻害薬(PPI)という強力な酸分泌抑制薬(タケプロン、オメプラール、パ … 続きを読む

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査

胃・十二指腸潰瘍の診断をするために、内視鏡検査をすることもあります。 バリウムによるX線造影検査は検査による情報量が少ないため、 直接患部を確認することができる内視鏡の方がです。 また、潰瘍からの出血で、貧血になっていな … 続きを読む

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

吐き気、胃もたれ、胃の痛み、胃の違和感、胃の膨満感、食欲不振、気持ち悪さ、胸やけなどの症状があります。中には、ほとんど症状がない場合もあります。 自覚症状で最も多くみられるのは、みぞおちの近辺の上腹部痛です。 胃潰瘍では … 続きを読む

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

胃・十二指腸潰瘍の原因は、ヘリコバクター・ピロリと呼ばれるピロリ菌によるものが胃潰瘍で70%、十二指腸潰瘍で95%前後です。 ピロリ菌以外は、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)です。 非ステロイド性消炎鎮痛剤は、胃 … 続きを読む

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは

胃・十二指腸潰瘍(消化性潰瘍)とは、胃や十二指腸の粘膜に炎症が生じて、胃や十二指腸の粘膜が障害を受ける病気です。 粘膜が深くえぐりとれたものを潰瘍と呼び、浅い変化しか生じなかったものをびらんと呼びます。 主に空腹時や夜間 … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter