ブログ

カテゴリ: 過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)の薬物療法

過敏性腸症候群の薬物療法には、様々な種類の薬があります。 症状にあわせて、薬の調節をする必要があります。 消化管機能調節薬や便性状の改善薬や対症療法薬などを中心に使用しますが、心理的な症状がある場合は抗不安薬や抗うつ薬を … 続きを読む

過敏性腸症候群(IBS)の治療法

過敏性腸症候群の治療法は、生活習慣の改善、食事療法、薬物療法、心理療法などがあります。 いずれかの療法を組み合わせて、自分にあった治療法を行うことが重要になってきます。 過敏性腸症候群は生命に関しては問題がなく、治療の目 … 続きを読む

過敏性腸症候群(IBS)の診断

診断は 問診が中心で、自覚症状、症状のパターン、生活習慣、食事 、ストレス、排便回数と便の状態、いつから症状があるか、どのような状況下で症状が出るか、これまでにかかった病気はないかどうか、生活上のストレスなどについて詳し … 続きを読む

過敏性腸症候群(IBS)の検査

過敏性腸症候群は、直接病気を診断する検査はありません。 便中の血液の有無を調べる便潜血の検査や血液検査を行なうこともあります。

過敏性腸症候群(IBS)の原因

過敏性腸症候群の原因は、不規則な生活、ストレス、精神的な緊張、不安などがあります。 中でもストレスは過敏性腸症候群の大きな原因であるとされています。 腸管の運動は、脳と腸管を結ぶ自律神経(交感神経と副交感神経があります) … 続きを読む

過敏性腸症候群(IBS)の症状

過敏性腸症候群の症状は、排便によって改善する腹痛と便通の異常(下痢型、便秘型、および下痢便秘交替型)を主体とします。症状はごく軽いものから重いものまであります。 便通の異常は、下痢型では軟便~水様便、回数も1日数回から数 … 続きを読む

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群とは、腸に器質的な病気(大腸がんや大腸ポリープなど)は存在しないにもかかわらず、機能的な症状がある病気です。 過敏性腸症候群は英語の頭文字をとって、IBSとも呼ばれています。 腹部の検査を受けても、特に異常 … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter