ブログ

カテゴリ: 緊張性頭痛

緊張型頭痛の注意点

慢性的に消炎鎮痛薬(痛み止め)を使用しすぎていると、薬剤性の頭痛になることがありますので、注意が必要です。

緊張型頭痛の日常生活の注意点

1首や肩の運動するようにしましょう。 2肩や首を温湿布や温熱療法で暖めるのも有効です。 3枕を低くしたり、歯や顎の機能の治療で治ることもあります。 4精神的ストレスを除去しましょう

緊張型頭痛の治療法

緊張性頭痛の治療は薬物療法が中心になります。 薬物療法は消炎鎮痛薬(ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン)、筋弛緩薬(ミオナール、テルネリン)、抗不安薬(デパス、ソラナックス、ジアゼパム)などを内服します。 筋弛緩薬は肩こ … 続きを読む

緊張型頭痛の診断

緊張性頭痛の診断は問診が中心です。 いつどのように起こったのか、どのくらい続いているか、以前に起こったことがあるのか、 他の症状があるかなどを問診します。

緊張型頭痛の検査

緊張性頭痛は脳組織に異常をきたさないため、検査では診断できません。

緊張型頭痛の症状

1徐々に始まり、肩がこる、首筋が張る などの訴えとともに、後頭部の鈍痛として認められることが多くなります。 2痛みというよりも圧迫される感じ、重い感じ、締めつけられている感じ、何かをかぶった感じ、はちまきでしめつけられた … 続きを読む

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛はの原因は頭、首、肩にかけての筋肉が緊張して、血流が悪くなり疲労物質が筋肉にたまって、神経を刺激するために痛みが起こります。 筋肉の緊張は、眼精疲労や精神的なストレスや、肩のこりが、原因で起こります。 頭痛が始 … 続きを読む

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛とは、疲れや精神的ストレスが関係して、こめかみ、肩、首などの筋肉が緊張するために起こる病気です。 緊張性頭痛は障害を残すことなく慢性的に繰り返しますが、症状が激しく何回も起こっても、生命の危険性のない頭痛です。 … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter