ブログ

カテゴリ: 痛風

新宿駅前クリニック内科 痛風治療

痛風治療 プリン体を接種しないこと、適度な運動も大切です。 必要によりザイロリック、ユリノームなどの薬物療法を継続します。 痛風発作がおきた時は、ボルタレンやロキソニンで痛みをやわらげます。

痛風の注意点

症状がなくなると、薬の内服を中断してしまう方や飲んだり飲まなかったりする方もいらっしゃいますが、尿酸値が高い状態が続いたり、尿酸値が上がったり下がったり変動すると、痛風発作が起こりやすくなります。 定期的に検査をして、薬 … 続きを読む

痛風の日常生活の注意点

1.食事(プリン体)の制限 プリン体は様々な食事に含まれていますので、食事全体の量を減らすことが必要です。特に、 いわし、えび、かつおぶし、白子、レバーなどにはプリン体が多く含まれていますので、たくさん食べ過ぎないことで … 続きを読む

痛風の予後

通常は1週間前後で痛みは治まってきますが、しばらくすると症状が全くなくなります。 半年から1年くらいたつと、同じような発作を繰り返すことがありますので、油断は禁物です。 痛風の薬を飲み始めても、食事療法、運動療法によって … 続きを読む

痛風の治療法

痛風の治療法は薬物療法が中心になります。 痛風は、状態により、前兆時、発作時、間欠期に分けられ、治療法が異なります。 1. 前兆時: コルヒチン 痛風発作の直前にチクチクする・熱っぽい・圧迫感などの前兆がある場合、発作の … 続きを読む

痛風の診断

痛風の診断は、痛風の発作中の関節の中に尿酸の結晶があることを証明することで確定しますが、痛風の症状は特徴的なので、通常は症状や経過で診断します。 1.ひとつの関節だけに症状がある 2.関節が赤く腫れている 3.症状が出て … 続きを読む

痛風の検査

血液検査で血液中の尿酸値が7mg/dl以上かどうか調べます。 痛風発作中の炎症が強い時には、尿酸値がやや下がる傾向がありますので、炎症がある程度治まってから検査をしないと、わからないこともあります。 炎症の程度や、腎臓の … 続きを読む

痛風の症状

血液中の尿酸値が高い状態が続いても、気がつかないうちに、尿酸の結晶が関節にたまり、特に症状はありません。 発作前にチクチクする・熱っぽい・圧迫感 などの前兆症状を自覚することもあります。 運動、ストレス、プリン体の多量摂 … 続きを読む

痛風の原因

痛風の原因は血液中の尿酸値が上がるために起こります。 プリン体という食べ物に含まれている物質を多くとると、血液中の尿酸値が上がります。 痛風発作の原因は、尿酸の結晶に対して、白血球が反応し炎症をおこすためです。

痛風とは

痛風とは、足の親指のつけ根などの関節に炎症を起こして、強い痛みを伴う病気です。 血液中の尿酸値が高いと、関節に尿酸の結晶がたまり、突然強い炎症を起こします。 発作的な痛みの症状がおこるため、痛風発作と呼ばれています。 発 … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter