ブログ

カテゴリ: 非淋菌非クラミジア尿道炎

泌尿器科でクラミジアや淋菌の性感染症検査を受けたいのですが、どのくらい尿を我慢すればよいのですか

クラミジアや淋菌の性感染症検査を受ける場合は、最後に排尿してからできれば2時間くらい時間をあけてから尿検査をすることが望ましいとされています。 排尿後2時間以内ですと、どうしてもクラミジアや淋菌の検出量が少なくなってしま … 続きを読む

非淋菌非クラミジア尿道炎の注意点

抗菌薬を服薬して、すぐに症状が無くなるため、自己判断で中止してしまう人もしばしば経験します。 症状がなくなってもまだ菌は感染していることもありますので、医師の指示どおりの期間きちんと内服してください。 不完全な治療は性行 … 続きを読む

非淋菌非クラミジア尿道炎の予防

コンドームを使用することにより性器からの感染を防止します。 不特定多数のパートナーとの性的接触を避けるようにします。

非淋菌非クラミジア尿道炎の治療法

①ニューキノロン系(グレースビット、クラビット)の抗菌剤の内服 ②テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシン)の内服 ③ マクロライド系抗生物質(ジスロマック、クラリシッド)の内服 以上のいずれか使用するか、場合によっては … 続きを読む

非淋菌非クラミジア尿道炎の検査

尿検査、尿細菌培養検査を行います。 尿に細菌や白血球が含まれていることがあります。 マイコプラズマやウレアプラズマなどは検査では菌の検出は難しいため、 淋菌やクラミジアが検出されない場合、非淋菌性尿道炎と診断されます。

非淋菌非クラミジア尿道炎の症状

男性の場合 男性は尿道へ感染し、尿道炎(非クラミジア性非淋菌性)となります。 尿道からの膿や 軽い排尿時の痛みやかゆみ、不快感などがあることもあります。 クラミジアと同じで症状が軽く、自覚症状がない場合が多いです。 女性 … 続きを読む

非淋菌非クラミジア尿道炎の原因

感染経路 性交渉、オーラルセックス、不潔な手で尿道付近や膣内に触れることで感染することもあります。 潜伏期間 1週間~1ヶ月前後

非淋菌非クラミジア尿道炎とは

マイコプラズマ、ウレアプラズマ、黄色ブドウ球菌などの雑菌が性器の粘膜に感染するために起こる病気です。

企業の医療担当者様へ

twitter