ブログ

カテゴリ: 花粉症(患者様からの質問4)

ヒノキ花粉症はいつまで続きますか

ヒノキ花粉は例年、5月の連休頃まで続きます。ヒノキ花粉はスギ花粉と共通のアレルギーを引き起こす性質を持っているため、 スギ花粉症の人はヒノキ科花粉にも反応しやすい状態です。 スギ花粉が飛び始める時期は関東地方では2月上旬 … 続きを読む

花粉症は突然発症するのはどうしてですか

スギやヒノキの花粉症に突然なったという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、花粉症は、IgE抗体というアレルギーの原因になりやすい抗体が体の中で一定以上増えて、そこに花粉(スギやヒノキ)がやってきた時に、鼻水、くしゃみ … 続きを読む

花粉症でのどの痛みや、かゆみがでることはありますか

スギやヒノキなどの花粉症では、鼻の粘膜が炎症を起こして、かゆみや痛みが生じることがあるのと同じように、のどの粘膜にも炎症が起こりかゆみや痛みがでることがあります。のどの痛みやかゆみ以外にも、のどの違和感や、いがらっぽいか … 続きを読む

花粉症に突然なることはありますか

毎年、幸いにも花粉症の症状はなかったの方でも、花粉の多い年に、突然鼻水やくしゃみ、目のかゆみの症状が現れ、花粉症を発症することはあります。 確認のために、採血でスギやヒノキの採血をすることもあります。

花粉症で肌が荒れることはありますか

スギやヒノキなどの花粉を吸い込むと、アレルギー反応が皮膚にも影響をおよぼし、皮膚が赤くなったり、かゆみがでたりすることはあります。 鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻水や鼻づまりが起こるのと同じように、皮膚も炎症が起こります。 … 続きを読む

花粉の飛散が多い日、今までの花粉症の薬がきかない場合

花粉の飛散が通常の日は、今まで飲んでいた花粉症の薬で鼻水や目のかゆみの症状が防げていても、花粉の飛散が多い日には症状がでてしまうこともあります。 いくつか方法がありますが、最も一般的な対応方法としては、従来から飲んでいる … 続きを読む

花粉症で夜眠れない方へ

花粉症による目のかゆみ、鼻水がひどくよく眠れない方もいらっしゃると思います。 花粉症の症状がひどいときは、眠くなる作用のある抗アレルギー薬(ジルテック、アレロック、二ポラジン)やステロイドの飲み薬(セレスタミン、プレドニ … 続きを読む

花粉症のステロイドの点鼻のスプレーは、体の中に吸収されますか

花粉症治療のため、フルナーゼ、ナゾネックス、アラミスト、アルデシンなどのステロイドの点鼻のスプレーを使用されている方からよくいただく質問です。 ステロイドの飲み薬と異なり、内科や耳鼻科で処方されるステロイドの点鼻のスプレ … 続きを読む

眼科でもらっていた花粉症の目薬を処方してもらうことはできますか

基本的には眼科でも内科でも花粉症の治療には大きな違いがないことがほとんどです。 必要性がある場合は、眼科で処方されていた目薬や飲み薬も新宿駅前クリニック内科で処方することが可能です。 お気軽にご相談いただければと思います … 続きを読む

耳鼻科でもらっていた薬を内科で処方することはできますか

基本的には耳鼻科でも内科でも花粉症の治療は大差がないことがほとんどです。 必要性が認められれば耳鼻科で処方されていた薬も新宿駅前クリニック内科で処方することが可能です。 お気軽にご相談いただければと思います。 新宿駅前ク … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter