ブログ

カテゴリ: 喘息

大人が喘息を起こす原因と治療法

喘息は子どもだけの疾患ではありません。大人も喘息になることがあります。子どもの頃に喘息だった場合、それが大人になって再発するケースもあります。 その原因は気道が炎症を起こし、それを繰り返すことと考えられています。炎症がで … 続きを読む

喘息の注意点

喘息発作のときには病院を受診して、発作が治ったら治療を中断してしまう場合、症状が全くなくても気管支の炎症が続いています。 そのため、気管支を治療を炎症を起さないよう吸入ステロイド薬やロイコトリエン拮抗薬を中心とした適切な … 続きを読む

喘息の日常生活の注意点

1ダニなどのアレルギー対策 最も多いアレルゲンは室内のほこりで、ダニが含まれています。 ダニは6月から9月の間に多く、高温多湿を好みますので、特に注意が必要です。予防するポイントは、 室内でペットは飼わないようにしましょ … 続きを読む

喘息の治療法

治療は薬物療法が中心になります。 喘息の仕組みが解明されてきたため、喘息の薬物療法も変わりました。 慢性の気道炎症から起こることがわかり、炎症を抑える作用が強く、副作用がほとんどない吸入ステロイド薬(アドエアー、フルタイ … 続きを読む

喘息の診断

喘息であるかどうかの診断は、、症状の程度や経過を知ることが重要なため、問診が中心となります。 喘息の典型的な症状がでているかどうか、今までどのような病気にかかったことがあるか、家族に喘息の人がいるかどうかなども参考になり … 続きを読む

喘息の検査

発作を起こしていない時は、検査では大きな異常はありません。 気管支拡張薬を吸入させると、症状が改善し、喘息の特徴の一つである気道の可逆性が証明できます。 その他には、血液検査などをすることもあります。

喘息の症状

気管支喘息は、気管支が収縮して細くなり、息を吐きにくくなることにより、呼吸困難が主な症状になります。 初めはのどがつまる感じがあり、咳と痰も出てきます。 やがて気管支が細くなると、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)がおこり、 … 続きを読む

喘息の原因

気管支喘息は気道が敏感になり、慢性の気道の炎症が起こることが原因であるとわかってきました。 刺激(ほこり、ダニ、花粉などのアレルギゲン)に対して、気道が敏感に反応することを気道過敏性といいます。 気道に慢性の炎症があると … 続きを読む

喘息とは

喘息とは、咳や痰(たん)が出たり、のどがゼイゼイ鳴ったりして、呼吸するのが苦しくなる病気です。 以前は喘息は発作のときにだけ、気管支に変化がある病気と考えられていましたが、普段から気管支に炎症があることがわかってきました … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter