ブログ

カテゴリ: かぶれ

湿布(しっぷ)かぶれの治し方

腰痛や肩こりで湿布の貼り薬(モーラス、ボルタレン、ロキソニンなどの貼り薬)を使用するとかぶれてしまうことがあります。 湿布でかぶれてしまった場合、まずは湿布の貼り薬を中止します。かゆみや赤みがひどいようなら、ステロイドの … 続きを読む

かぶれの注意点

かぶれの原因物質の使用を中止して、接触を避けます。 職業上、原因物質を避けることができない場合は、手袋をするなどして、できるかぎり触れないようにします。 最初は原因物質が触れたところだけに症状がみられますが、接触を続けて … 続きを読む

かぶれの治療法

薬物療法が中心になります。 かぶれによる皮膚の炎症やかゆみを抑えるために、ステロイド外用薬(アンテベート、デルモベート)や抗アレルギー薬(ジルテック、アレグラ)の内服を使用します。 かぶれの症状が激しく、範囲が広い場合に … 続きを読む

かぶれの検査

一次刺激性かぶれ アレルギーとは無関係なため、検査は特にありません。 アレルギー性かぶれ 原因物質を調べるため、パッチテストをすることがあります。新宿駅前クリニックではパッチテストはおこなっておりません。

かぶれの症状

一次刺激性のかぶれでは、刺激が少ない場合には、物質が触れた部位がだけがみられ、強い刺激の場合には、かゆみや痛みを伴い発赤、ぶつぶつ、水ぶくれなどが現れます。 アレルギー性のかぶれ原因物質に触れて、少し時間がたってから、か … 続きを読む

かぶれの原因

一次刺激性のかぶれ 原因物質に触れると、皮膚の炎症を誘発されます。 原因物質の毒性の強さ、皮膚の状態により、症状の強さが左右されます。 洋服との摩擦、洗剤、石けん、リンスなどの弱い刺激の繰り返しで起こります。 アレルギー … 続きを読む

かぶれとは

皮膚に接触した物質の刺激、あるいはアレルギー反応により、接触した部位に限られた皮膚の炎症を起こす病気です。 原因物質の直接的刺激によるものを一次性のかぶれと、原因物質のアレルギーによるものをアレルギー性のかぶれに分けるこ … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter