ブログ

カテゴリ: 魚の目

新宿駅前クリニック皮膚科 魚の目治療 

魚の目治療 自分の足に合った靴を履くことが重要です。 痛みが強い場合は、魚の目の芯を切除する必要があります。 スピールこうは、ずれたり、ふやけすぎたりするのであまり処方しません。

魚の目の治療法

中心が円錐状に角質増殖した部分が痛みの原因なので、表面を1mm程度削り、中心の角質柱を円錐形に削ります。 その後、液体窒素(ちっそ)を綿棒に浸して切除跡に押しつけて冷凍凝固処置をすることもあります。 角質が硬い場合は、数 … 続きを読む

魚の目の診断

表面を削って中央に半透明な角栓を認め、かつその周囲に角質肥厚が存在すれば、診断が可能です。 。

魚の目の検査

特に必要な検査はありません。

魚の目の症状

歩行時に強い痛みが生じます。 できやすい部位は足底の外周に近い部分、第4~5趾間です。 押すよりもつまむ方が痛みを感じることが多いです。

魚の目の原因

足の形にあわない靴、長時間の立ち仕事、スポーツ、足の怪我などが原因で起こります。 機械的刺激が繰り返し加わることによって生じます。

魚の目とは

魚の目とは、角質層が、クサビ型に増殖し、歩行時に強い痛みがある皮膚の病気です。 魚の目には,真ん中に丸い半透明の角質の塊(角栓)が見られます。 鶏の目あるいは魚の目に似ているため、鶏眼(けいがん)、魚の目(うおのめ)と呼 … 続きを読む

企業の医療担当者様へ

twitter