ブログ

カテゴリ: 虫刺され

虫刺され後のかゆみ

虫刺され後に、赤く腫れたりかゆみが生じたりすることがあります。 虫刺され後の一時的なかゆみで改善することが多いですか、虫刺されの部分がしこりになりかゆみが残ることもあります。 かゆみを抑えるステロイド系の塗り薬(アンテベ … 続きを読む

虫刺されの痛み

山や海にいるブヨに刺されて、皮膚科を受診される方もいらっしゃいますが、虫刺されで腫れが強く炎症がひどい場合、痛みが生じることもあります。 虫刺されの治療は、腫れをひかせる抗アレルギー剤(アレグラ、アレロック、ザイザル、セ … 続きを読む

虫刺されで痛みがでることがありますか

山や海には様々な虫がいますが、虫刺されのため炎症が強く起こり、痛みや腫れが強く出ることがあります。 痛みが強い場合は軽く冷やして、皮膚科の病院を受診するのがよいでしょう。 虫刺されに対して、皮膚科では、ステロイド系の塗り … 続きを読む

暑い日が続いているせいか、虫刺され、日焼けで受診される方が増えております。

ブヨや蚊などの虫刺されや海や山での日焼けにより新宿駅前クリニック皮膚科を受診される方が増えております。 虫刺されに対しては、かゆみや腫れを抑えるために、ステロイドの塗り薬や抗アレルギー薬の飲み薬にて治療します。 日焼けの … 続きを読む

庭仕事していて虫刺され(毛虫)に刺されたのですが、どのように治療すればいいのですか。

毛虫、蚊、ブヨなどの虫刺されにより、腕や首などが赤く腫れあがり強いかゆみが生じることがあります。 軽く冷やし、できるだけ掻かないようにして、早いうちにステロイドの塗り薬(ネリゾナ、アンテベート、デルモベート)を使用します … 続きを読む

5月、6月に多い皮膚病はどんな病気がありますか

5月、6月になると高温多湿になるため、皮膚のトラブルが多くなる季節でもあります。 その中でも多いのが、足の水虫、虫刺され、あせもなどの湿疹です。 海や山などで、蚊やブヨに刺された跡が腫れあがり、痛みを伴うようになり、皮膚 … 続きを読む

虫刺されの注意点

かゆみが強く掻きこわした状態が続くと、細菌が感染したり、しこり(痒疹)になったりするため、ひどくなる前の治療が重要になります。

虫刺されの治療法

虫さされの部分にステロイド外用薬(ネリゾナ、アンテベート)や、かゆみをとめるための抗アレルギー剤(アレグラ、ジルテック)などを使用します。 症状が強い場合にはステロイド薬(セレスタミン、リンデロン)を短期間内服することも … 続きを読む

虫刺されの診断

虫が刺すところを見ていれば、診断は容易です。 虫さされが考えられても、症状、季節、気候、皮膚炎の分布、環境などから原因となった虫を推定し、診断します。

虫刺されの検査

特にありません。

企業の医療担当者様へ

twitter