蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹とは?

蕁麻疹(じんましん)とは、体の皮膚の一部に「紅斑」と呼ばれる、赤い皮膚の盛り上がりを生じる皮膚科の病気です。紅斑から膨疹を伴い、24時間以内に最終的に消えてしまいます。激しいかゆみを伴うことが多く、それによってかきむしったりストレスを感じたりして、悪化することもあります。

蕁麻疹の症状を訴える人の約9割が「特発性蕁麻疹」と呼ばれる蕁麻疹であると言われています。特発性蕁麻疹は「原因が明確ではない蕁麻疹」であり、症状があまり長引かないものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上継続するものを「慢性蕁麻疹」と分類しています。

当院周辺の新宿のオフィス街にお勤めの方も、仕事のストレスなどで、じんましんに悩まれている人が多く、新宿区西新宿の当院にもいらっしゃいます。

蕁麻疹とアレルギー

蕁麻疹の原因の一つに「アレルギー」が挙げられます。これは、アレルギーの原因であるアレルゲンに対して反応することで発症する蕁麻疹のことです。また、Ⅳ型まで存在するアレルギーの類型の中で、アレルギー性蕁麻疹はアレルギー性鼻炎や花粉症と同じ「Ⅰ型」のアレルギー反応に分類されています。

なぜ、アレルギーによって蕁麻疹が引き起こされるのでしょうか。人間の「真皮」に位置する血管の近くには「肥満細胞」が存在します。アレルギー体質の方は、この肥満細胞の表面に存在するタンパク質の一種である「IgE」の量が多い、もしくはこれが生産されやすい方であるとされています。

アレルギー反応は、特定のアレルゲンに対するIgEの量が多いことによって、「ヒスタミン」と呼ばれる炎症性の物質を大量に放出します。これによって、蕁麻疹の症状である発疹や皮膚のかゆみなどを引き起こしてしまうのです。

一般的に、アレルゲンとの接触から数時間以内で蕁麻疹の症状が現れることが多いです。アレルギー性の蕁麻疹の場合は原因となるアレルゲンとの接触によって、何度でも再発してしまいます。

また、アレルゲンとの接触が頻繁に発生する、つまりアレルギー性の蕁麻疹の症状が頻繁に発生することにより、重症化するリスクが高まります。通常の症状であれば皮膚症状だけで済むことが多いのですが、重症化したアレルギー性蕁麻疹の場合は時には、気道がむくみ呼吸ができなくなって、命にかかわるほど激しい症状を伴うこともあります。

アレルギーを原因とした蕁麻疹は、蕁麻疹の症状を訴える患者さん全体から見てあまり頻度は高くありません。割合から見るとそこまで多くは見られないものなのですが、重症化するリスクが高いことから決して油断することのできない病気であると言えます。

原因を特定できる蕁麻疹

原因が明確ではない蕁麻疹が多いのですが、中には蕁麻疹の症状を引き起こす原因がはっきりとすることもあります。

まずは前述の「アレルギー」です。アレルゲンとの接触によって症状が引き起こされるタイプの蕁麻疹です。

次は「温度」です。冷気によって体温が下がることを原因として蕁麻疹を起こす「寒冷蕁麻疹」と、逆に高温によって体の一部が温度上昇を起こすことで発症する「温熱蕁麻疹」があります。

次は「日光蕁麻疹」です。紫外線を浴びることを原因として蕁麻疹の症状を呈します。

次は「機械性蕁麻疹」です。これは機械によるものとうわけではなく、例えば「下着」「腕時計」「バッグの持ち手部分」のように、アレルゲン以外の物理的接触による皮膚への刺激を原因とします。

最後は「コリン性蕁麻疹」です。コリンとは「アセチルコリン」という物質に由来した言葉であり、運動や入浴時に汗をかいたことによって蕁麻疹の症状が出るタイプのものです。

蕁麻疹の改善には、原因を特定してこれを可能な限り生活の中から取り除くことが必要です。蕁麻疹の治療は、抗ヒスタミン薬の内服が中心になります。
新宿・西新宿で皮膚科をお探しで、蕁麻疹が疑われる場合、当院皮膚科にお気軽にご相談ください。

蕁麻疹とストレス

蕁麻疹とストレスについてご説明いたします。

詳細を見る

蕁麻疹の症状

蕁麻疹の症状についてご説明いたします。

詳細を見る

蕁麻疹の治療法

蕁麻疹の治療法についてご説明いたします。

詳細を見る

蕁麻疹の治療薬

蕁麻疹の治療薬についてご説明いたします。

詳細を見る

蕁麻疹と漢方

蕁麻疹と漢方についてご説明いたします。

詳細を見る

蕁麻疹の注意点

蕁麻疹の注意点についてご説明いたします。

詳細を見る

ページのトップに戻る