いぼ

いぼの種類

私たちが良く耳にする「いぼ」と呼ばれるものにはいくつかの種類があり、またいぼそのものの言葉を病名としているものはありません。それぞれ難しい名前にはなりますが、原因や発症部位などによって異なったいぼとして扱われています。

新宿、西新宿に居住されている方からお勤めの方が中心として、いぼだろうと予想しながら、当院皮膚科を受診される方が多くみられます。周囲からの情報で悪性のものではないかと心配になった、最初は気にならなかったものが大きくなったので大丈夫なものかと気になった、または表面が生活上支障になる部位であるため切除したいなどの理由が受診のきっかけになっているようです。
いぼかなと思った方、気になっている方、受診を躊躇している方などの参考として、いぼの種類をご紹介いたします。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

尋常性疣贅の「尋常性」は普通ではないという意味を持ち、「疣贅」は形状がふくれているいるので飯粒のようだということから派生した名称です。一般的によく目にするいぼがこの尋常性疣贅にあたります。
100種類以上もあるとされるヒトパピローマウイルスの2型、27型、57型の感染が原因で生じるウイルス性疣贅のことです。年齢層に限定がなく子供から大人まで、指や手足の関節に発症しやすいものです。痛みや痒みは伴わず、いぼの表面が刺激などによってでザラザラした感触になることがあります。
尋常性疣贅の原因であるヒトパピローマウイルスは、人から人にしか感染しないものであり、接触感染です。

しかし他の中毒などのウイルスと異なっていぼのある人に触れたことによって必ずしも感染するものではありません。個人の免疫力の強さも感染の有無を左右します。
接触した皮膚表面に傷や怪我があるとそこから侵入、または接触した部位は皮膚が正常であっても媒介によって傷口にウイルスが移動したという経路で感染にいたります。
初めは小さく、色もそれほど変化がない透明に近い形状のものが多く、いじる事でも放っておくことでも大きくなるのが特徴です。また自身の体の中でうつっていく、例えば人差し指だけだったのが中指にもできたなど、増えていくことも少なくありません。

足底疣贅(そくていゆうぜい)

尋常性疣贅の部類に属しますが、足の裏に生じるいぼとして個別的な扱いをされています。ウイルス感染によるものは同じですが、ヒトパピローマウイルスのなかでも1型のウイルス感染です。足の裏に初めは隆起しているいぼだとしても、体重がかかるため、やがては皮膚の中に埋まってしまうようになり平坦な形状になりますが、表面はザラザラした感触は持続します。魚の目と間違いやすいことが多いのですが、傷がつくような刺激を与えると、いぼの方は出血するという違いがあります。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

尋常性疣贅の一つではありますが、感染源のウイルスが異なり、ヒトパピローマウイルスの3型か10型によるものとなります。形状が隆起のない平たいもので、色も足底などの白っぽいものに対して褐色がかっていることが特徴です。好発部位としては手の甲、腕、顔などで、好発年齢が若年となることから青年性扁平疣贅とも呼ばれ、予後も良く、たいていは自然になくなっていくことが多いとされます。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

老人性疣贅は脂漏性角化症とも呼ばれるいぼです。文字どおり老人に発症することがおおいのですが、20~30代からでも見られるものです。原因はウイルスではなく、紫外線や老化による皮膚細胞の変性などが原因となります。首や顔、背中、頭にできる頻度が高く、ほとんどが良性ですが、中には悪性に変化するものがあります。形状もいびつであったり、平坦や隆起したもの、色も褐色から真っ黒いものなどさまざまとなります。

尖圭(せんけい)コンジローム

ヒトパピローマウイルスの6型、11型の感染症です。性感染症としても一つの病気として扱われています。主に性器や肛門部に発症するいぼですが、ほかのいぼと違ってカリフラワーのような、一つのいぼというよりは重なったような形状でボコボコした外観が特徴です。痛みもかゆみもありませんが、対処しないでいると悪臭を伴ってきます。発症部位が性器なため、なかなか受診に踏み込むことも躊躇されるケースが多く、また新宿、西新宿では他の診療科目の病院も多いため、当院皮膚科とどちらに行くのがいいのか迷ったという方もいらっしゃいます。尖圭コンジロームは皮膚の病気ですので、当院皮膚科でしっかり診療させていただいております。

伝染性軟属腫

いわゆる水いぼとよばれるものです。ポックスウイルスによる感染が原因で、多くはプールなどでの感染です。発症部位は全身的ですが多くは顔や手足に見られます。水が溜まっているようないぼで、水ぼうそうと間違いやすい形状ですが、実際には水はたまっていないのが伝染性軟属腫です。ほとんどは2年以内程度で治癒しますが、広がっていく範囲が広いため治療する人も少なくありません。

いぼの原因

いぼの原因についてご説明いたします。

詳細を見る

液体窒素によるいぼの治療

液体窒素によるいぼの治療についてご説明いたします。

詳細を見る

いぼの症状

いぼの症状についてご説明いたします。

詳細を見る

いぼの注意点

いぼの注意点についてご説明いたします。

詳細を見る

いぼの治療費用

いぼの治療費用についてご説明いたします。

詳細を見る

いぼの治療法

いぼの治療法についてご説明いたします。

詳細を見る

ページのトップに戻る