膀胱炎

膀胱炎は、細菌が尿道を通り、膀胱に侵入し感染を起こすために引き起こされる病気です。尿検査をして、尿に白血球や潜血が含まれていないかどうか確認します。尿簡易検査も実施しております。

通常は抗生物質の飲み薬で、症状が楽になることがほとんどです。中には抗生物質が効きにくい場合もあり、そのときは抗生物質の種類を変更します。

新宿駅の周りや西新宿で働いている女性の中には、頻繁にトイレに行きにくい環境であり、症状が悪化してからいらっしゃる方も少なくありません。新宿西口エリア、新宿南口エリア、新宿東口エリア、西新宿エリア、代々木エリアだけでなく、渋谷区や中野区からも、膀胱炎の治療のため、電車に乗って新宿駅から歩いて当院泌尿器科へお越しいただいております。

膀胱炎治療に使用される泌尿器科の抗生物質などの飲み薬は、患者様がお困りにならないように、当院泌尿器科近くの新宿西口や新宿南口の調剤薬局でも取り揃えていただくようお願いしております。膀胱炎を我慢して治療せず放置していると、腎う腎炎になり、入院治療が必要になってしまうこともあり、注意が必要です。

膀胱炎の原因、症状、検査、治療法、治療薬、治療費用、注意点などを詳しく知りたい方は、下記の詳細をタップしてください。

ページのトップに戻る