• 新宿西口1分/南口2分
  • 予約不要
  • 保険診療
予約
不要
新宿西口徒歩1分(新宿郵便局前)
03-6304-5253

平日(10:00~1400/15:30~19:00)

性病検査

性病検査とは

性病検査は、クラミジアや淋菌、梅毒、トリコモナスといった性感染症に感染しているかどうかを調べるための検査です。

性病にはさまざまな種類があり、感染したウイルスや細菌によって症状の現れ方は異なります。

また、性器だけではなく、喉や目など他の部位に感染するような場合もあります。

症状が現れるような場合もありますが、無自覚のまま放っておいてしまうことも少なくありません。

そうすれば、パートナーへ感染が広がってしまうリスクも高くなりますし、感染部位が拡大して悪化してから症状が現れるようなことにもなり兼ねません。
そのため、少しでも異変を感じたり、感染に思い当たるような行為があったりした場合には検査を受けることをおすすめします。

クラミジア性尿道炎(男性)

尿検査にて、遺伝子解析(クラミジアPCR)をおこないます。

クラミジア性子宮頚管炎(女性)

子宮の入り口を綿棒で擦り、検査をおこないます。

咽頭クラミジア

うがいをした、喉で繁殖している菌の検査(クラミジアPCR)をおこないます。

クラミジアの詳細はこちら

淋菌性尿道炎(男性)

尿検査にて、遺伝子解析(淋菌PCR)をおこないます。

淋菌性子宮頚管炎(女性)

子宮の入り口を綿棒で擦り、検査をおこないます。

咽頭淋病

うがいをして、喉で繁殖している菌の検査(淋菌PCR)をおこないます。

淋病の詳細はこちら

尿道炎

尿検査(クラミジアPCR・淋菌PCR)をおこないます。

尿道炎の詳細はこちら

梅毒

血液検査をおこないます。

梅毒の詳細はこちら

トリコモナス

尿検査をおこないます。

B型肝炎

血液検査をおこないます。

C型肝炎

血液検査をおこないます。

HIV

血液検査をおこないます。

性病検査の注意点

性感染症は、基本的に性行為や性行為に似た行為で感染するものです。

性病検査で感染が判断された場合には、パートナーにも検査を受けるように勧めてください。
そして、パートナーと同時に治療を行うことでピンポン感染を予防できます。

また、治療を受けて症状が改善されたからといって再検査を受けずに治療を自己判断で中断してしまうことは避けましょう。

症状が改善しても原因菌やウイルスは潜伏している可能性があり、治療の中断によって再発してしまう可能性もあります。
必ず再検査を受けて、ウイルスや細菌が消滅していることを確認してください。

まとめ

当院の泌尿器科(性病科)では、「性病検査」を、保険診療または自由診療でおこなっています。
保険適応であれば、性病検査は自己負担3割での保険診療になります。

自由診療もおこなっておりますので、保険証を使用せずに、自費で受けることもできます。

料金(保険診療・自由診療)

当院では、検査結果はネットで確認できるため、検査結果のため、再度来院する必要がありません。

検査結果の確認はこちら

女性のクラミジア性および淋菌性子宮頸管炎・ヘルペス・尖圭コンジローマは診療しておりませんので、ご了承ください。婦人科をご受診ください。

  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • クラミジア
  • 淋病
  • 亀頭包皮炎
  • コンジローマ
  • 性病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • ヘルペス
  • 性病検査
  • 尿路感染症